« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.28

疲労

夜勤明けで諸々の用を済ませ・・
お風呂に入って・・
やっとの思いで布団に入れたのが16:00頃・・
息子がソッと私の部屋にやってきて・・
「おかあさん・・玉子焼き作ったよ!おかあさん何にも食べてないやろ!」
と声をかけてくれた。
時計は20:00を過ぎていた。

このところ日記を打つ気にもなれず疲れている。

夜勤が終ろうとする時・・一人の患者様が亡くなられた。。
個人経営病院の矛盾に気が滅入る。。
年度末を迎え、やらなきゃならないことが次から次とでてくる。。
息子の体や心のことに不安を抱く。。
反省・後悔・悲嘆・・・こんなことばかり。。

そう・・こんな時期もあるさ!
ちょっと疲れているだけ!
しっかりしなさいよ!


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.01.06

ノロウイルス

昨年末からはやりだした流行性急性胃腸炎
私の所属する病棟でも流行しました。

普通でない下痢を起こした患者様が出た時・・
私達ナースは、「これはおかしい!」と上司に訴えました。
その時すでに世の中ではノロウイルスが流行し始め、それを疑うのはあたりまえでした。

介護職員がオムツを交換する時、その手袋は3人に一人の割合で交換する。その3人の一人一人にはお手拭でてをぬぐってからオムツ交換をする。そんなオムツ交換を指導していました。
そのウイルスの性質から考・・直ちにそんなオムツ交換の方法を改めるよう訴えました。
これまでもその訴えは続けていましたが、改める気配もなく・・
このような下痢の患者様が出現しても改めてもらえませんでした。

そうこうしているうちに・・次から次へと・・水様の激しい下痢。噴水状の嘔吐。

やっと・・やっと・・便・吐物を検査に出しました。
検査結果に6日間かかりました。
その間にも患者は増え・・職員も感染していきました。

検査結果がでてから・・病院を上げての対策。。
全く遅い。。
既にその時には患者様の三分の一は感染。
職員の三分の一も感染。

ここにきて・・やっと下火になってはきましたが、まだ2日に一人くらいの割合で感染らしき患者様は出現しています。

このノロウイルスで誤飲性肺炎で命のを落とした患者様もいらっしゃいます。

危機管理体制。。
今一度考えていかなくてはならない時でしょう。。
しかしながら・・この反省も生かせず・・未だマニュアル作りにも乗り出していない・・
一体この病院はどうなるのでしょう。。


幸い・・私は発病しませんでしたが・・きっとキャリアではあったと思います。

クタクタの年末年始でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.01.03

初日の出

Vfsh0032_3

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

song♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »